お問い合わせ会社概要アクセスマップトップページへ
データ制作依頼
CAD・CAMデータ制作
光造形による試作製作
光造形とは?
光造形のメリット
光造形技術・設備
光造形の工程
金属加工(金型・特殊部品)
金属加工とは?
金属加工のメリット
金属加工の技術・設備
瓦金型製作
瓦金型製作
瓦金型納入実績
瓦金型の技術・設備
設備・製品サンプル
設備一覧
製品サンプル一覧
株式会社ダサイ
会社概要
アクセスマップ
求人情報
ご意見・ご要望
メーカー一覧リンク
 
光造形とは?~2次元の案を3次元にモデリング!
3次元CADでデザインしたモデルから、100μm単位のスライスデータを取り出し、スライスした断面形状に沿ってレーザー光をUV硬化樹脂に照射することにより、データ通りの形状の層を形成させます。
そして各層を連続的に重ね合わせることにより、正確な立体モデルを作り出す最新の造形法、これが光造形法です。
光造形試作品での営業事例


「決め手になったのは、手にとって見れたこと。」
島根県芸術文化センター グラントワ様の外壁に採用!

内藤廣建築設計事務所様に設計提案をしていた石州瓦工業組合の担当者様は、組合に提示された「壁瓦」の形状が設計者が描いたパースであり、これを基にデザイン検討(関係各所との必要な情報の共有化)を進めるのには、3Dモデルが絶対に必要であると考えていました。>>詳細を見る
光造形はここがすごい!
 
光造形
営業提案、商品の検証、デザインの確認・・・あらゆる分野で活用できる!
早く、正確に、自由に立体デザインができる光造形。
光造形で製作された試作物は、主に形状・デザイン性の確認や機能・性能評価・検証に使用されます。自動車・バイク、機械部品、家電製品、おもちゃ、フィギア、動物模型、建築、医療など様々な分野で活用できます。
光造形
光造形
 
金型製作
光造形:光造形の作業工程
 
光造形:Dasaiの技術と設備

私たち株式会社ダサイでは、3次元CADデータからダイレクトに3次元モデルを出力し、レーザーと光硬化樹脂によってデータ通りの立体モデルを製作する光造形法を採用しています。
使用マシンは、精密分野で定評のあるシーメット製「SOUP2600GS」。コネクターやカメラの精密部品など、プレシジョン・テクノロジー分野における製品や部品の開発ニーズに、高信頼性をもってお応えしています。
光造形:ABS樹脂の導入
光造形で使用する樹脂を従来のPP樹脂(ポリプロピレン)から、ABS樹脂に変更しました。
耐衝撃性、耐熱性、強靭性、加工性、硬度、曲げ疲労症に優れた樹脂です。
ABS樹脂で作成された試作品は、見るだけでなく、手にとってそのまま使えるので、より具体的な検証が可能になりました。
ご安心ください!
壁瓦のケースでも最初にあったのは、紙に描かれたパースのみでした。この場合でも設計者のイメージを確立するための方法としてCGなどの方法で意匠の確認を取りながら、実際の造形に進むことができます。
また、スケッチもない場合でも3Dスキャニングという方法でお客様が作った形状を正確に写し取ることができます。
例えば、壁に取り付けられていて外せない形状の場合でも、非接触スキャナーを使うことで写し取ることができます。
↑ページの上へ戻る